宝塚歌劇団

華優希の本名と現在の年齢!若い頃の宝塚時代や退団までの画像まとめ

LINEで送る
Pocket

華優希さんは、2014年に100期生として宝塚歌劇団に入団、2019年から本格的に花組トップ娘役として活躍していました。

2021年7月4日の退団後からジャパン・ミュージックエンターテインメントイー・コンセプト)所属となり、舞台やドラマなどで活躍を続けています。

そんな華優希さんについて、本名と現在の年齢・若い頃の宝塚時代や退団までの画像や簡単な経歴について、詳しくご紹介していきます。

華優希さんの本名と現在の年齢は?

華優希さんの本名は、巌本希いわもとのぞみ)さんといいます。

なお、愛称の「のぞみ」は本名が由来となっています。

そして、1993年11月13日生まれなので、現在(2022年)の年齢29です。

Wikiプロフィール


華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役名前:華 優希(はな ゆうき)
本名:巌本 希(いわもと のぞみ)
愛称:はなちゃん・のぞみ
生年月日:1993年11月13日
年齢:29歳(2022年時点)
出身地:京都府京都市
血液型:A型
身長:161cm
趣味:読書
特技:テナーサックス
職業:女優
所属事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)

参考元:Wikipedia華優希|Bitfan

華優希さんの家族構成は、父親・母親の3人家族であり、兄弟姉妹の情報は見つけられませんでした。

ちなみに、という芸名の由来について、「見ていると心に花が咲き、幸せな気持ちになれるような」という意味がこもっています。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役なお、宝塚ファンだった祖母と母親の影響で、物心つく頃から宝塚歌劇団の存在は知っていたそうです。

そして、2011年の雪組公演「ロミオとジュリエット」を初観劇して衝撃を受け、「見る側じゃなく、夢を作る向こう側に行きたい」と宝塚音楽学校の受験を決意しました。

しかし、母親には「普通に結婚してほしい」と当時は反対されていましたが、入学してからは、一番の理解者として応援してくれていたそうです。

スポンサーリンク

華優希さんの若い頃の宝塚時代や退団までの画像まとめ

華優希さんは、2012年に宝塚音楽学校に入学しました。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役そして、2014年に100期生として宝塚歌劇団に入団、入団5年目の2019年から本格的に、明日海りおさんの4人目相手役として、花組トップ娘役を務めました。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役ちなみに、明日海りおさんの退団後は、柚香光さんが2人目相手役となり、2021年7月の退団まで活躍しました。

そんな華優希さんの若い頃の宝塚音楽学校時代や退団までの画像簡単な経歴について、時系列でご紹介していきます。

華優希さんの宝塚音楽学校時代【2012〜14年】

華優希さんは、宝塚音楽学校に入学するまで立命館高等学校に通っていました。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役そして、宝塚音楽学校には、一発合格で入学を果たしました。

なお、倍率が非常に高いことでも有名な学校であり、2012年度の入学試験は23.1924人中39人が合格)だったそうです。

ちなみに、宝塚音楽学校の1年目は予科2年目は本科と呼ばれ、ほとんどの生徒はで集団生活をし、2年生の文化祭までに、芸名と男役か娘役かを決めるそうです。

そんな華優希さんは、バレエダンス未経験であり、しかも母親からの反対もありながら、見事に合格をされているのは、天性の才能があったからではないかと思います。

スポンサーリンク

華優希さんの宝塚歌劇団入団(100期生)当時【2014年】

華優希さんは、2014年に100期生として宝塚歌劇団に入団しましたが、入団時の成績は39人中23でした。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役そして、2014年の月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100」が初舞台でした。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役通常の初舞台では、口上ラインダンスのみの出演ですが、宝塚歌劇100周年のこの年は、月組メンバーと共に100人で繰り広げられるラインダンスにも出演しています。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役ちなみに、100期生の同期には、星風まどかさん(花組トップ娘役)・聖乃あすかさん(花組男役)・音くり寿さん(元花組娘役)・天彩蜂里さん(宙組娘役)などがいます。

スポンサーリンク

華優希さんの花組時代【2015-19年】

華優希さんは、組まわり(宙組)を経て2015年から花組に配属されました。

なお、可憐な容姿で早くから注目を集めており、2017年の「邪馬台国の風」で新人公演初ヒロインを務めました。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役さらに、2017年の「はいからさんが通る」で東上公演初ヒロインを務め、元気ハツラツなキャラクターの花村紅緒を演じて高く評価をされています。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役また、2018年の「ポーの一族」で明日海りおさんが演じる主人公の妹であるメリーベル役に抜擢されています。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役その後、2019年の仙名彩世さんの退団公演となる「CASANOVA」で2度目新人公演ヒロインを務めました。

ちなみに、2018年の「宝塚歌劇団年度賞」にて「2017年度新人賞」を受賞されています。

華優希さんの花組トップ娘役時代【2019〜21年】

華優希さんは、入団5年目だった2019年4月に花組トップ娘役に就任しました。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役その後、2019年6月の「恋スルARENA」がトップお披露目公演となりました。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役そして、明日海りおさんの4人目相手役として、2019年8月からの「A Fairy Tale –青い薔薇の精」でトップコンビ大劇場お披露目を果たしました。

しかし、この公演で明日海りおさんが退団し、柚香光さんが2人目の相手役となりました。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役その後、自身初の東上ヒロイン作品の再演となる2020年の「はいからさんが通る」でトップコンビ大劇場お披露目を果たしました。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役そして、202174日の「アウグストゥス/Cool Beast!!」の東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団しました。

ちなみに、緊急事態宣言により、宝塚歌劇団での千秋楽は大劇場史上初無観客での上演となりました。

スポンサーリンク

華優希さんの宝塚歌劇団退団後【2021年〜】

華優希さんは、宝塚退団後の2021年7月からジャパン・ミュージックエンターテインメントイー・コンセプト)所属となり、ファンクラブも開設しました。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役さらに、公式インスタグラム(yukihana_official)も開設しており、3.5万人以上のフォロワー数を誇っています。

ちなみに、所属事務所は、元月組トップ娘役だった宝塚OG映美くららさんも所属しています。

その後、202110月の「マドモアゼル モーツァルト」で退団後の初舞台出演を果たしていますが、いきなり元相手役の明日海りおさんと再共演を果たしました。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役さらに、2022年3月の「ドクターホワイト」でテレビドラマ初出演を果たし、2022年3月の「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」にも出演を果たしています。

華優希,宝塚歌劇団,花組,100期生,トップ娘役そして、2023年2月より、大ヒット漫画の「キングダム」の舞台版でメインキャラクターの河了貂を演じることが決定しているので、宝塚ファンではない方々からも「可愛い」「綺麗」という反響が増えてくるのではないでしょうか?

上記のように、宝塚退団以降も舞台・ドラマなどで活躍を続けているので、華優希さんの今後の活躍を楽しみに応援していきます。

error: Content is protected !!