宝塚歌劇団

七海ひろきの本名は海津久美子!現在の年齢と宝塚時代の画像まとめ!

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター
LINEで送る
Pocket

七海ひろきさんは、2003年に89期生として宝塚歌劇団に入団、宙組と星組で男役スターを務めました。

そして、2019年3月24日に宝塚歌劇団退団アンドステア所属となり、俳優・声優・歌手・ラジオパーソナリティとして芸能活動をしています。

そんな元男役3番手スターの七海ひろきさんについて、本名は梅津久美子、現在の年齢、宝塚時代の画像まとめという流れで、詳しくご紹介していきます。

七海ひろきさんの本名は海津久美子!

七海ひろきさんの本名は、海津久美子(かいづくみこ)さんです。

なお、下記のように宝塚音楽学校時代の文化祭プログラム芸名ではなく本名が記載されているので間違いありません。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,本名ちなみに、七海ひろきという芸名の由来は、七海は本名にの字があり、七つの海のティコが好きなので名付けられました。

そして、ひろき七つの海広いことから名付けられており、名付け親は本人です。

スポンサーリンク

七海ひろきさんの現在の年齢は?

七海ひろきさんの現在(2020年時点)の年齢は、1984年1月26日生まれなので36歳です。

Wikiプロフィール


七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター名前:七海 ひろき(ななみ ひろき)
本名:海津 久美子(かいづ くみこ)
愛称:カイ
生年月日:1984年1月16日
年齢:36歳(2020年時点)
出身地:茨城県水戸市
血液型:O型
身長:173cm
趣味:読書・アニメ鑑賞・高校野球観戦
特技:水泳
職業:アーティスト
事務所:アンドステア

参考元:Wikipedia七海ひろき Official Website

七海ひろきさんの家族構成は、父親母親2歳上の兄4人家族です。

2歳上の兄とは、幼少の頃にヒーローごっこなど男の子の遊びばかりをしていたそうです。

また、小学校時代には、毎年学級委員を務める優等生でした。

そして、小さい頃に朗読会で先生に褒められたことがきっかけで、小学生から演劇部に所属、小学校時代は芝居に熱中していました。

スポンサーリンク

七海ひろきさんの宝塚時代の画像まとめ

七海ひろきさんは、2001年に宝塚音楽学校に入学、2003年に89期生として宝塚歌劇団に入団しました。

そして、2019年3月24日の退団公演まで、宙組星組にて50作品近くの作品に出演、新人公演主演・バウホール公演W主演・ヒロインのスカーレット・バウホール公演単独主演などを務め上げました。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スターなお、同じ89期生の元花組トップスターの明日海りおさんなど同期がいたから退団公演まで頑張れた同期の存在の大きさを語っていました。

宝塚退団後は、俳優・声優・歌手・ラジオパーソナリティなどアーティストとして多方面で活躍を続けています。

そんな七海ひろきさんの宝塚時代の画像と簡単な経歴を合わせて、年代別に詳しくご紹介していきます。

【宝塚音楽学校時代】2001年

七海ひろきさんは、高校2年生だった2001年に宝塚音楽学校2度目の受験で合格を果たしました。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,宝塚音学学校ちなみに、小学6年生の時に、テレビで放送されていた月組公演「風と共に去りぬ」を偶然観たことで、主演の天海祐希さんが好きになり、出演作品のビデオを集めて繰り返し観るようになりました。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,天海祐希そして、「ME AND MY GIRL」を初めて観劇宝塚歌劇団への入団を目指すようになりました。

中学入学後、父親が見つけてきた宝塚音楽学校受験のためのクラスがある東京のバレエ教室に、週1回往復5時間をかけて通っていました。

なお、通っていた茨城県立水戸第二高等学校は進学校であり、両親から「成績が落ちたら音楽学校の受験はさせない。」と言われていたので、勉強宝塚受験のためのレッスン両立しました。

スポンサーリンク

【宝塚歌劇入団:89期生】2003年

七海ひろきさんは、2003年に89期生として宝塚歌劇団に入団、入団時の成績は49人中の39番でした。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スターそして、2003年4~5月の月組公演「花の宝塚風土記/シニョールドン・ファン」で初舞台を踏み、宙組に配属されました。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スターなお、89期生の同期には、元星組トップ娘役の夢咲ねねさん・元月組2番手スターの美弥るりかさん・花組トップスターの明日海りおさん・雪組トップスターの望海風斗さんなどがいます。

【宙組時代】2004〜15年

七海ひろきさんは、宙組に配属されてから星組組替えになるまで40作品近くに出演しています。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,宙組時代そして、2009年に大和悠河さんと陽月華さんのトップコンビ退団公演となる「薔薇に降る雨」で新人公演初主演を務めました。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,宙組時代その後、2013年の「the WILD Meets the WILD」にて、蓮水ゆうやさんとバウホール公演W主演を務めています。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,宙組時代さらに、2013年の「風と共に去りぬ」にて、男役ながらヒロインのスカーレット朝夏まなとさんと役替わりで演じました。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,宙組時代また、2014年の「ベルサイユのばら」で男装の麗人オスカルを演じる活躍をしています。

スポンサーリンク

【星組時代】2015〜19年

七海ひろきさんは、2015421日付で宙組から星組へと組替えとなり14作品に出演を果たしました。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,星組時代そして、2017年の「燃ゆる風」でバウホール公演単独初主演を務めています。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,退団公演その後、2019324日の「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS」の東京公演千秋楽をもって、16年間在籍した宝塚歌劇団退団しました。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,退団公演なお、当時のトップスターは紅ゆずるさんでしたが、退団公演では3番手スターとして銀橋ソロの場面が用意されました。

【宝塚退団後】2019年〜

七海ひろきさんは、アンドステアに所属、20198月から大手レコード会社であるキングレコードから歌手としてメジャーデビューを果たしました。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,退団後さらに、201910月からTOKYOFMで「七つの海への大航海」というラジオ冠番組がスタートしています。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,退団後また、2019118日にいばらき大使に就任、201912月には「七海ひろきディナーショー」を開催しています。

そして、声優としても下記のようなテレビアニメを担当しています。

「ジビエート」鳩波彩愛役
「ソマリと森の神様」シズノ役
「織田シナモン信長」三津 秀人役
number24」主人公・柚木 夏紗 子供時代役
「うちタマ?!うちのタマ知りませんか?」カイ役

参考元:Wikipedia七海ひろき Official Website

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,退団後その後、20201月の舞台「RED&BEAR~クィーンサンシャイン号殺人事件~」にて、主演REDを務めています。

七海ひろき,宝塚歌劇団,89期生,星組,男役スター,退団後そして、2020年6月の大人気舞台「刀剣乱舞」に細川ガラシャ役で出演することが発表され、この舞台で女性がキャスティングされるのは初めてだったので話題となりました。

なお、七海ひろきさんにとっても宝塚歌劇団退団後、舞台で女性を演じるのは初めてでした。

上記のように、宝塚退団後から俳優・声優・歌手・ラジオパーソナリティなどアーティストとして多方面で活躍しているので、今後の活躍が楽しみだと思います。

最後に【七海ひろきの本名は海津久美子!現在の年齢や宝塚時代の画像まとめ】

七海ひろきさんの本名は、海津久美子(かいづくみこ)さんです。

七海ひろきという芸名の由来は、七海は本名にの字があり、七つの海のティコが好きだからであり、ひろき七つの海広いことから名付けられました。

なお、現在(2020年時点)の年齢は、1984年1月26日生まれなので36歳です。

そんな七海ひろきさんは、2001年に宝塚音楽学校に入学、2003年に89期生として宝塚歌劇団に入団しました。

その後、2019年3月24日の退団公演まで、宙組星組にて50作品近くの作品に出演、新人公演主演・バウホール公演W主演・ヒロインのスカーレット・バウホール公演単独主演などを務め上げました。

宝塚退団後は、俳優・声優・歌手・ラジオパーソナリティなどアーティストとして多方面で活躍を続けているので、今後の活躍を楽しみに応援していきます。