俳優

藤岡弘の若い頃がイケメン【画像】デビュー当時や代表作品まとめ!

藤岡弘,俳優
LINEで送る
Pocket

藤岡弘さんは、仮面ライダー1号を演じた俳優として有名ですが、探検家武道家などマルチな活躍をしています。

現在でもダンディーで70代とは思えない若々しい男性ですが、若い頃がイケメンと多くのファンから反響があります。

そんな藤岡弘さんについて、若い頃のデビュー当時や代表作品・現在の比較画像と合わせて、詳しくご紹介していきます。

藤岡弘さんの若い頃がイケメン【画像】

藤岡弘さんは、警察官で全国的にも知られた柔道家、家伝の流派の古武道である「藤岡流」を継承する武道家でもあった父親と、茶道・華道・琴の師範だった母親との間に生まれました。

Wikiプロフィール

藤岡弘,俳優本名:藤岡邦弘(ふじおかくにひろ)
愛称:藤岡隊長
生年月日:1946年2月19日
年齢:74歳(2020年時点)
出身地:愛媛県上浮穴郡久万高原町
血液型:O型
身長:180cm
特技:英会話・武道全般・料理
職業:俳優・タレント・武道家・探検家
事務所:株式会社SANKIワールドワイド

参考元:Wikipedia

下記は、現在と若い頃の藤岡弘さんの比較画像です。

【若い頃の藤岡弘さん】藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン

若い頃は、スリムでハーフのような整った顔立ちなので、イケメンであったことが分かります。

【現在の藤岡弘さん】藤岡弘,俳優,現在,イケメン

現在も70代とは思えない若々しいダンディーな叔父様だと思います。

スポンサーリンク

藤岡弘さんのデビュー当時や代表作品まとめ

藤岡弘さんは、1964年に劇団NLT俳優教室に入所、1965年には松竹映画ニューフェイスとして入社しました。

藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン,デビュー当時そして、1965年の映画「アンコ椿は恋の花」で俳優デビュー、映画「若いしぶき」で初主演を務めています。

そんな藤岡弘さんの俳優デビュー以降の代表作品を画像と合わせて、ご紹介していきます。

【藤岡弘】仮面ライダー時代(1970年代)

藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン,代表作品藤岡弘さんは、1971年からスタートした特撮テレビドラマ「仮面ライダー」にて、主人公である本郷猛仮面ライダー1号)役を演じました。

藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン,代表作品なお、最高視聴率30%の大ヒットとなり、一気に人気スター俳優となりました。

スポンサーリンク

【藤岡弘、】SFソードキル時代(1980年代)

藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン,代表作品藤岡弘さんは、1984年のSFサムライ映画「SFソードキル」の主演を務め、国際俳優となりました。

藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン,代表作品この作品にて、パリ国際ファンタスティック&SF映画祭批評家賞を受賞、日本人として初めて全米映画俳優組合のメンバーとなりました。

このことがきっかけで、下記の理由により、藤岡弘という芸名を藤岡弘、に変更しました。

「昔の武将は一度『、』を打って決意した。周囲に流されることなく立ち止まり自分を見つめる。」という覚悟と、「我未だ完成せず」との意味を込めており、さらに、「、」には「てんでダメな男」というシャレもかけられているそうです。

参考元:Wikipedia

【藤岡弘、】せがた三四郎時代(1990年代)

藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン,代表作品1997年に家庭用ゲーム機「セガサターン」のCMでイメージキャラクター「せがた三四郎」に起用されました。

藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン,代表作品CMのキャッチコピーである「セガサターン、シロ」と共に大人気となり、1年間オンエアーされ、CM大賞を受賞しています。

スポンサーリンク

【藤岡弘、】探検隊時代(2000年代)

藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン,代表作品2002年より、川口浩さんの後任として、2代目隊長に起用された「藤岡弘、探検隊シリーズ」が開始しました。

藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン,代表作品なお、藤岡弘さんのワイルドなイメージや以前から旅番組や海外紀行番組を通じ、旅好き・アウトドア好きが知られていたことが起用の理由でした。

この番組は、高視聴率ではなかったですが「隊長といえば藤岡弘、」と幅広い世代に認知されました。

そのため、バラエティ番組などに出演する際のスタイルは、サファリ・ルックサバイバルベストが定番となっています。

【藤岡弘、】仮面ライダー1号時代(2010年代)

藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン,代表作品2016年の映画「仮面ライダー1」では、本郷役で44年ぶり主演69にしてスタントマンを使わずにアクションを演じました。

藤岡弘,俳優,若い頃,イケメン,代表作品なお、2014年の映画で38年ぶりに本郷役を演じた時には、下記のように語っており、藤岡弘さんにとって仮面ライダーは特別な存在であることが分かります。

自分の歴史がよみがえり、血が騒いだ。不思議なもので体は覚えていたんですね。演じるというより、本郷はそのままの自分。何とも言えない感動がありました。

参考元:Wikipedia

そんな仮面ライダー1号から始まり、国際俳優・せがた三四郎・探検家など多くのファンから愛されるキャラクターをこなしてきた藤岡弘さんの今後の活躍が楽しみです。